にきび跡を残さないためには早めの治療が大切

にきびを皮膚科で治療してもらう場合、どんなやり方になるのでしょう。にきびの症状が悪化すると、にきび痕が残ったり、しみになってしまうことがあります。お肌の深部にまでにきびのダメージが到達すると、自力でスキンケアを施しても、以前の皮膚に戻すことができなくなります。皮膚科ではどのような治療をするのか不安があり、治療をためらってしまう方も少なくありません。治療したいにきびが白や黒の段階で、赤く腫れていないうちなら、面皰圧出という名前の治療のやり方をする場合があります。にきびの治療に使う面皰圧出器という器機で、にきびの原因になっている毛穴の中の皮脂や膿を押し出します。この方法は、にきびに小さな穴を開け、中身を出して消毒をするので、患部に雑菌が繁殖する心配がありません。皮膚の炎症を起こしている赤にきびは、まず外用薬や内服薬を使って炎症を抑えた上て、面皰圧出を行うことで治療後の回復を早めます。ホルモン分泌が過剰なことが、成人してからのにきびには関わっています。ホルモンバランスが影響をしている場合はホルモン治療をすることもあり、症状によっては漢方薬が処方されます。肌質を改善するために、ケミカルピーリングや、イオン導入という手法もありますが、どちらも保険は使えません。お肌のコンディションや、にきびの症状に応じて最適な治療法を選ぶことが大事なので、主治医の説明をきちんと聞くようにしましょう。研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉で歯の黄ばみを落とすなら「はははのは」がおすすめ