日焼けちゃった!後からできるケアの仕方

日差しの強い季節になりましたね。UV対策をしていたとしても、長時間外にいて日焼けしてしまうことや、ウッカリ日焼け止めを塗るのをわすれてシッカリ日焼けることもあります。乾燥肌や敏感肌の人は日焼けたとのケアで後の肌のトラブルを防ぐことができます。

「やばい。日焼けた。」と思ったら、まず肌を冷やしましょう!日焼けは火傷と同じなので、冷たく冷やしたタオルを顔に当てます。とっても気持ちが良いですよ~。冷水で顔を洗うのも有効です。さっぱりするだけではなく、日焼けで帯びた皮膚の熱をとることができます。

そのあと、パックをします。紫外線でダメージを受けた皮膚に栄養と水分補給をしっかりする必要があるからです。パックを冷蔵庫で冷やしておいて、それでパックをするとこれまたとっても気持ちい~んです!ひんやりして、ハマりますよ。

夏場は黙っていても、紫外線が多く降り注ぎますから、頻繁にパックをしたり、肌を冷やしてあげると肌の健康を保ちながら夏を乗り切れると思います。

乾燥肌の日焼け止めの選び方

夏になり日焼け止めクリームを毎日使う季節になりました。日焼け止めを塗ることで、肌のダメージを抑え、シミやシワを予防することができます。まさしく夏のお供ですよね!
私は毎年新しい日焼け止めクリームを買って、使用していますがいつも悩むのがSPFをどれくらい高いものを使ったらよいのか、ということです。

SPFはUV-B波の防止効果を示したものらしく、何もつけていない時は15分ほどで日焼けは始まりますが、例えばSPF30と書いてあれば30倍ほど遅らせてくれるというものらしいです。長く遅らせたいなら、SPFの高いものを選ぶと良いと思います。私は朝に塗った後、塗りなおす時間がないこともあるのでSPF50をいつも使っています。でも、SPF50はその分肌に負担をかけることもあります。肌に合わない日焼け止めを使うと、肌を乾燥させることもあるので要注意!保湿効果のたかい「ニベア」や「アリィー」などの日焼け止めを使うことをオススメします。

ワキガクリーム
人気の商品を紹介しているサイトです。
http://www.whooz.org/

エイジングケアに変えてみよう

潤った後の肌触りがモチモチして気持ちいいので、 クレンジング、化粧水、乳液といった基礎化粧品が好きです。これまで、毎日せっせとケアしていたのは言うまでもありません。

先日美容院へ行きました。美容院の鏡で、ふとした瞬間に自分の顔を見た時の事です。やたらくすんでいたのにショックを受けました。と言いますのも、「えー、こんなに顔くすんでたっけなぁ?」と違和感を持つぐらいだったからです。

それ以降、目元のシミ、ホウレイ線、額のシワ、そばかす等、出掛ける前にメークをする度に、以前よりもそれらを気にするようになりました。特に目元のシミが気になって仕方ありません。少しでも老化を抑えたいですし、それに、美しく歳を重ねていきたいですからね。もうそろそろ、年齢相応のエイジングケアを意識する時が来たのかもしれません。

お手頃価格のモノがあれば、是非試してみたいと思っています。
まだまだ大丈夫だと思っていましたが、「私にもそういう年齢を考えなければいけない時が来たのだな」、と改めて考えるようになりました。肉体的な曲がり角は誰しもありますから、「せめてメンタル面では前向きに頑張っていきたいな」と思っています。

人気の女性育毛剤
マイナチュレの口コミで参考になるサイトです。
マイナチュレ育毛剤を実際に体験

食べる順番と咀嚼回数に気をつけています

細身の体型を維持するためと生活習慣病予防のために10年以上食べる順番と咀嚼回数に気をつけて食事をしています。昔流行った「食べる順番ダイエット」と同じですが、まず野菜類から食べ始め、次にスープや味噌汁などの汁物、肉や魚などの動物性たんぱく質のメインおかず、最後に炭水化物を食べるというものです。この順番で食事をすると血糖値の急激な上昇を抑えられるだけでなく、空腹感も落ち着かせることが出来るのでドカ食いも防げます。さらに消化を良くするために一口30回は咀嚼をするように心がけています。よく噛むことで早めに満腹感がくるので、最後の炭水化物は食べなくても済むことが多いです。野菜のビタミンやお肉のたんぱく質など、必要な栄養素はしっかり摂取出来て満腹感もあるので無理せず炭水化物ダイエットが出来てしまいます。特にダイエットのために運動をすることもないですが、太らずに体型をずっと維持出来ているので効果はあると実感しています。

人気のわきがクリームを
ランキング形式で紹介しているサイトです。
わきがクリームのオススメはこれ